平凡な日常をもっと楽しく

学生時代と社会人合わせて7年間を北海道で過ごし、北海道が大好きに!そんな27歳が、北海道のおすすめ観光スポット・グルメ・宿泊施設を中心に綴っていきます。

【札幌・バーラーペンギン堂】シメパフェといえばココ!お店の雰囲気や気になるお味をレポート!

おいしく、安く、魚介、ジンギスカン、ラーメンなど北海道の味覚がが楽しめるお店の多い、札幌すすきの。そんなすすきので、数年前から人気に火がついている「シメパフェ」をご存知ですか?北海道のおいしい牛乳を作ったパフェを、食事の終わりに食べる「シメのラーメン」ならぬ「シメパフェ」が、札幌市民の間で親しまれてきました。

 

札幌に観光したからには、現地の習慣をぜひ楽しみたいものですよね。ということで、今回は、札幌シメパフェ文化の火付け役とも言われている、「バーラーペンギン堂」についてご紹介したいと思います。

 

 

そもそもシメパフェとは?

皆さまは「パフェ」の語源をご存知ですか?

フランス語の「パルフェ(parfait)」が語源で、英語の「パーフェクト(perfect)」と同じく、「完璧な」という意味があります。そんな完璧なデザートとして、19世紀頃、果物や卵黄が入ったフローズンタイプのものが考案されたのが始まりと言われています。

 

日本ではただのフローズンアイスだけでなく、生クリームやチョコレートなどがトッピングされることも多いですね。

 

そんなパフェが、北海道の新鮮で濃厚な牛乳と、旬のフルーツを使って作られていたら。美味しいご飯を食べた後、甘くて冷たいデザートがあったとしたら。じわじわと人気が広まりそうなのは想像に容易いと思います。一日を締めくくる、とびきり美味しいパフェ。それが札幌市民を魅了してやまない「シメパフェ」です。 

 

バーラーペンギン堂とは?

f:id:momotaan:20190426071213j:image

札幌市内には20を超えるシメパフェのお店が存在すると言われていますが、その中でも「バーラーペンギン堂」は私が学生の頃からある、シメパフェの代表的なお店です。地下鉄「すすきの駅」からは歩いて5分程度、「豊水すすきの駅」からは徒歩2分程度と、札幌の中心地からも抜群のアクセスの良さが魅力です!

※お店近辺の地図は本記事の最下部をご参照ください。

 

 お店の営業時間はこちら!

f:id:momotaan:20190426071225j:image

お昼もソフトクリームやアイスを楽しむことができます!また、シメパフェのお店の特徴として、帰りにさくっと寄って行けるように、夜も長い時間営業しています!

後ほど別の写真でも触れますが、お店の内外のアイテムにペンギンが紛れていてとっても可愛いです!ペンギンを探すのも楽しみの一つです。

 

入り口は大きな道路を曲がった小道にあるのですが、ソフトクリームの置物が外に出ているので、比較的分かりやすいと思います!このソフトクリームが出ていなければ定休日です。

f:id:momotaan:20190426071246j:image

 

お店の中に入ると季節のメニューが!私が訪れた2019年4月には、ちょうどイチゴやたんかんが美味しい季節だったようです。

f:id:momotaan:20190426071238j:image

 

気になるメニューは

f:id:momotaan:20190426071241j:image

もうお気づきかもしれませんが、バーラーペンギン堂さんでは、「パフェ」を語源である「パルフェ」と表現しています(なので以下私もパルフェと記していきます)。

 

私は紅茶も一緒にいただきたかったので、メニュー上部の「パルフェのセット」を注文。パルフェのメニューは、果物のソルベを使ったものと、ジェラートを使ったパルフェに別れています。どれも美味しそうでとっても悩みます!笑

f:id:momotaan:20190426071217j:image

 学生の頃から何回もお世話になっていますが、ジェラートを使ったパルフェ(メニュー写真2枚目)の方のラインナップはほぼ変わらずレギュラーメンバーです。(メニュー写真1枚目の)果物のソルベを使ったパルフェは、季節ごとに変化します。フルーツがお好きな方であれば個人的には、季節限定のパフェをお勧めします!

 

気になるお味は

f:id:momotaan:20190426071220j:image今回私が選んだのは、もちろん季節限定の「たんかんと苺のパルフェ」
たんかんのさっぱりとしたソルベ、甘すぎずさっぱりとした軽いクリーム、濃厚なソフトクリームと続きます。その間にイチゴが入っていて、イチゴのアクセントになって、パルフェの味がぐっと引き締まる感じがします。さらに食べ進めていくと、たんかん味の濃いゼリーや、苺の果肉たっぷりのジェラートが現れます!

 

前半の層とは全く違う食感、味わいを楽しむことができますよ!

 

合間合間に生クリームがあるのですが、クリームが甘さ控えめでとっても食べやすいです!私は油分に胃もたれしやすいタイプなのですが、さっぱりいけちゃいます!そんなクリーム効果もあってか、最後まで「次は何が出てくるんだろう」と食べていてワクワク!楽しいパフェです。

 

続いてはこちら!

f:id:momotaan:20190426071259j:image

旦那ちゃんが注文した「モカチョコレートパルフェ」

一口いただきました!ジェラートは甘さはかなり控えめのビターなお味。また、食べ進めていくとチョコレートもムースが入っているのですが、これまた食感が変わってシュワシュワと美味しく楽しくいただけます!

旦那ちゃんは甘いものはたくさん食べれない派なのですが、ほどよい甘さとほろ苦さのバランスでペロっと完食してました!笑

 

「軽くでいいんだけど甘いものが食べたい」という方におすすめかなと思います。

 

2つ並べて撮ってみました!結構細長くてボリュームがあるように見えるかもしれませんが、ずっと同じ味や食感ではないので、サクサク食べ進んでしまいますよ~!

f:id:momotaan:20190426071228j:image

 

さいごに

f:id:momotaan:20190426071252j:image

上の写真にはペンギンが隠れています。どこにいるかお分かりでしょうか?

 

お店の中で上を見上げてみてもペンギンが飛んでいたり。

f:id:momotaan:20190426071255j:image

美味しくって、可愛くって。そして店内は心地の良い明るさと雰囲気で、とっても落ち着く空間です。こんなお店で、「完璧な」一日を締めくくることができたなら、明日もなんだか良い一日を迎えることができるような気がしてきちゃいます!

 

メニューも多く、季節ごとに変更されるので、きっと皆さまにとってもお気に入りのパルフェが見つかると思います。ぜひ一度。

 

ももたんmemo

~バーラーペンギン堂はこんな方へおすすめ!~

  • 札幌のシメパフェを間違いなく楽しみたい方
  • 甘いものはそんなに得意じゃないけどパフェが気になる方
  • 落ち着く空間が好きな方

【旭川・北の住まい設計社】ドライブのひと休憩に。自然の中の大人カフェ

北海道で定番の観光地、旭川を中心に富良野や美瑛が位置するエリアを訪れたことがあるという方も多いのではないでしょうか。実は観光だけではなく、自然を活かしたおしゃれなカフェや、広大な畑で収穫される農作物を使った美味しいグルメも楽しめるのが、旭川エリアの魅力の一つでもあります。

 

札幌から日帰りドライブで学生の頃よく遊びに行っていました。名所をまわった休憩に、ゆっくりと落ち着ける場所があったら素敵ではありませんか?

 

というわけで今回は、旭川など観光名所からアクセスも良く、大自然の中にひっそりと佇む「北の住まい設計社(カフェ)」をご紹介します!

 

 

北の住まい設計社とは?

f:id:momotaan:20190717191725j:image

厳密には、旭川市の隣に位置する上川郡東川町というところにお店があります。観光で人気の旭山動物園や、美瑛からも車で30分。富良野からは1時間程度です。日帰りで札幌からドライブするのなら、周辺の観光地をなるべく多くまわりたいですよね。

 

どの観光地からも比較的アクセスが良いので、ドライブの休憩に最適だと思います!

 

お店の名前からも想像できる通り、ご紹介するのは「株式会社北の住まい設計社」という会社に併設しているカフェで、カフェ以外にも同じ敷地内に雑貨や家具などのショールームもあるのです。こちらがそのショールームの建物です。

f:id:momotaan:20190717191933j:image

 

中はこんなかんじ。カーテンや食器、時計、ベビーグッズなどさまざまなアイテムが展示してあります。かなり広いのでゆっくり見てお買い物を楽しむのもいいと思います。女子4人で行った時には、ショールームだけで1時間くらい満喫しました!それくらいアイテム数や施設が大きいです!

f:id:momotaan:20190718080230j:image

 

 

北の住まい設計社カフェ

f:id:momotaan:20190717191721j:image

こちらのカフェの魅力は、全てのお料理が、近郊のエリアの農家さんに育てられたオーガニックな野菜や果物、小麦などの素材を使っていることです。せっかくのドライブなら、現地の美味しいものが食べれたら最高ですよね。

 

店内はこんなかんじです。
f:id:momotaan:20190717191733j:image

落ち着いた明るさの照明と、窓の外から見える明るい緑が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
f:id:momotaan:20190717191729j:image

私は平日に行ったので、予約はしていきませんでしたが夏休みや土日でしたら予約して行かれた方がいいかもしれません。写真のような形のテーブルが7つほど置かれています。

 

メニューはこちら!(2019年6月に訪れた時点のものです)

f:id:momotaan:20190717191805j:image

日替わりと定番のメニューがあります。どれも美味しそうでとても悩みました。全てのメニューにスープ、サラダ、パンが付いています。
f:id:momotaan:20190717191815j:image

 

スープはビーンズ(お豆)のスープと、新玉ねぎのスープ(季節で変わるスープ)の2種類から選ぶことができました。新玉ねぎは大好きで迷ったのですが、季節で変わるスープはプラスの料金がかかるとのことでしたので、スタンダードなビーンズのスープにしました。
f:id:momotaan:20190717191810j:image

お豆だけでなく、玉ねぎやじゃがいもなど、角切りにされた野菜がゴロゴロ入っていて、とっても美味しかったです!

 

続いてこちらはミニサラダ。
f:id:momotaan:20190717191819j:image

オリーブオイルとお塩で味付けられていて、サッパリとレタスの甘みを感じながら頂くことができました。

 

セットのパン。
f:id:momotaan:20190717191759j:image

店内でパンを焼いているため、ホカホカの状態で出てきました。おかわりが欲しくなりました(笑)。上にのせてあるハーブの風味が食欲をそそりました!

 

そして悩んだ末に決めたメインは「じゃがいものニョッキ オーブン焼き」

f:id:momotaan:20190717191928j:image

とっても熱々で出てくるので、猫舌の方はお気をつけください!一口食べて感じたのは、

 

北海道のじゃがいもで作られたニョッキって甘いのか!!!

 

という衝撃です。ニョッキの甘さとトマトの酸味、そして濃厚なモッツァレラチーズの味がとってもマッチしていて絶品でした!味もさることながら、ニョッキはとってももちもちしていて、食感も楽しむことができました。

 

店内にはお店の中で毎日焼いているパンも販売されています。テイクアウトしてピクニックもいいかもしれません。こちらの写真のガラス扉の奥が、パンを焼く工房になっていて、時間が合えば捏ねたり焼いたりしている様子を垣間見ることができますよ。
f:id:momotaan:20190717191959j:image

 

また、無農薬のオートミール、コーヒー、ジャム、チョコレートなどドライブ中のおやつや、お土産に最適なものたちが販売されています!こちらも要チェックです!
f:id:momotaan:20190717191951j:image

 

さいごに 

f:id:momotaan:20190717191947j:image

カフェやショールームの周りは駐車場とお庭になっていて、可愛いお花がたくさん咲いていました!実は私が行った日は雨が降っていたのですが、雨の日独特の植物や土の香りや雰囲気を楽しむことができました。

 

旭川周辺の観光地からアクセスも良く、地元の食材の美味しさまで味わえるカフェです。併設しているショールームで販売されている雑貨やインテリアもナチュラルな雰囲気のものが多く、ぜひ合わせて立ち寄ってみていただきたいです。

札幌から車で行かれる方も多いと思います。ドライブの間の休憩、リフレッシュに一度いかがでしょうか。

 

ももたんmemo

~北の住まい設計社はこんな方におすすめ!~

  • 現地の、そしてオーガニックな食材を使ったお料理を楽しみたい方
  • インテリアや雑貨が好きな方
  • 旭川エリアで雨でも楽しめる場所をお探しの方

 

 

【余市・燻香廊/南保留太郎商店】お豆腐やじゃがいもも燻製に!札幌から日帰りで楽しむ極上グルメ!

こんにちは!皆さまは、札幌から日帰りで楽しめる「余市町」をご存知ですか?

本日はこの余市町にある、極上の燻製が楽しめるお店をご紹介したいと思います。札幌に毎年遊びに行った際には、燻製をいただくためだけに余市を訪れるほどとってもお気に入りのお店です!海も近いため景色もよく、雨でもドライブを楽しむことができますので、ご旅行の際の参考になれば幸いです。それでは参りましょう!

 

 

余市町ってどんなところ?

 余市町は、観光で人気の小樽市の隣町で、札幌からも車で片道1時間ほどで到着することができます。海・山・川に囲まれた場所にあり、年間を通して北海道の中では比較的温暖な気候が特徴です。また、日中と夜の寒暖差が激しいため果物の栽培に適した地域と言われています。

 

町の木に指定されるほどリンゴが有名ですよ!

 

 春から秋時期にかけて、ブドウやモモなどフルーツ狩りを楽しむこともできます。また、それらの果物を使ったワインや、美味しいお水を使ったウイスキーも人気です。もちろん海が近いため漁業も盛んで、町の中には美味しい海鮮丼がいただけるお店や市場も点在しています。

 

最高の自然に囲まれた場所で育った食材の燻製。皆さまどんなお味か気になりませんか?というわけでおすすめのお店をご紹介したいと思います!

 

燻香廊(けむかろう)

f:id:momotaan:20190416213111j:image

余市の中心部(JR余市駅)から3キロほど離れた場所にある、燻製専門店の燻香廊(けむかろう)です。札幌から車で起こしの場合は、高速を使って片道1時間少し。敷地内に10台程度停められる駐車場もあります。

 

JRでお越しの場合は、余市駅下車後、バスに乗り「富沢8丁目」で降りて徒歩5分ほどです!

 

余市に実家がある友人に教えていただいてから、すっかりこちらのお店のファンです!ではさっそく店内を見てみましょう!

 

お店は2階建てになっていて、全部で24席ほどあります(写真は2階席から1階を撮ったものです)。お昼時は地元の人などで結構賑わいますので予約していくことをおすすめします。

f:id:momotaan:20190416213026j:image

 

開放的で広々としていて、木目調の雰囲気でとっても落ち着く空間です。まるで自分の実家に帰ってきたような気持ちになります。今回食事をいただいたのは2階席のこちら。
f:id:momotaan:20190416213123j:image

 

 気になるメニューはこちらです!

f:id:momotaan:20190417075418j:image

燻製料理って比較的高いイメージですが、良心的な価格設定かなと思います。どれも美味しそうで悩みます。。(笑)

 

私は毎回、パンとサラダもセットで付けます!
f:id:momotaan:20190416213042j:image

こちらがミニサラダのお豆腐の燻製とトマトのカプレーゼ

お豆腐の燻製を、私はこのお店に出会うまで食べたことがなかったのですが、「お豆腐って燻製にするとこんなに美味しいんだ!!」ととても感動しました!お豆腐の甘みに、チーズのようなまろやかさがやみつきになります!

 

f:id:momotaan:20190416213038j:image

続いてセットのパン。

手でちぎると、ふわっと香るチーズ風味がとってもいい匂い!そしてほわほわ。これまたすごく美味しいです。おかわりしたいくらいでした。


f:id:momotaan:20190416213021j:image

今回私が頼んだメイン。スモークチキンとベーコンのオレンジソースです。

燻製になったチキンとベーコンの香りと味がオレンジソースにすごくあっていました。「おかずにフルーツはちょっと。」という方もいらっしゃると思いますが、このオレンジソースは甘すぎず、ちょうどいい酸味と苦味があって、燻製と一緒にいただくと本当に美味しかったです!チキンとベーコンも、お箸でホロホロと崩れるほど柔らかくてジューシーです!

3回このお店に来て、そのうち2回頼むほどお気に入りです。


f:id:momotaan:20190416213117j:image

旦那ちゃんが注文したのはこちら。スモークチキンとベーコンのカスレです。

鮮やかな彩りで、見た目だけでも食欲をそそりますよね。一口貰いましたがこちらも美味しかったです。都会育ちの旦那ちゃんも、「こんなに美味しい燻製は初めて」と感動していました!

 

どれもとっても美味しくて、ついついお土産に燻製を買って帰りたくなってしまいます。そんな時にぜひ立ち寄っていただきたいのがこれからご紹介する燻製の直売店です!

 

南保留太郎商店(なんぽとめたろうしょうてん)

f:id:momotaan:20190416213052j:image

お店(燻香廊)のすぐ横にあります!ほっけやサケ、じゃがいもやかぼちゃなど、本当にありとあらゆるものが燻製になって売られています。

 

こんなかんじ。私の大好きなお豆腐の燻製も(写真左下の燻し奴)!

f:id:momotaan:20190416213014j:image

 

北海道のお魚といえばサケが一番に思いつく方も多いのではないでしょうか。そんなサケの燻製は種類がとっても豊富でした!おつまみに良さそうですね~。
f:id:momotaan:20190416213101j:image

 

店内にはそれぞれの燻製の試食コーナーがあります。「初めて食べる燻製ばかりで、どんな味なのか不安」という方も、お試しできるので安心ですね!
f:id:momotaan:20190416213032j:image

個人的にはくるみの燻製がとっても美味しかったです!!手も汚れないので、ドライブの道中みんなで美味しくいただくのにぴったりだなと思います!

 

悩み悩んだ結果、お豆腐、じゃがいも、サケ、くるみの燻製をお土産に買って帰りました。(買いすぎ笑)

 

(写真は全てお店の方に許可を頂いて撮影させていただきました☆)

 

さいごに

札幌からも短時間で行くことができ、海や山など、北海道ならではの景色も楽しむことができる余市。楽しいドライブと一緒に、極上の燻製料理はいかがでしょうか。大人のお出かけにも、フルーツ狩りなどと合わせてお子様と一緒でも、きっと楽しめると思います!ぜひ一度。

 

ももたんmemo

~余市・燻香廊/南保留太郎商店はこんな方へおすすめ!~

  • 燻製が好きな方
  • 札幌から日帰りで北海道を楽しみたい方
  • 海・山・川など自然の景色も一度に楽しみたい方

 

皆さまよい休日を!

【2019年6月売店オープンで話題!美瑛・白金青い池】なぜ青い?夏休みに行きたい北海道のパワースポット!

こんにちは!夏休みの予定はもう立てましたでしょうか?そんな夏休みが近い本日は、北海道のおすすめスポットを ご紹介します!

 

年々人気が増し、海外からも多くの観光客が訪れる「白金青い池」を皆さまご存知ですか?私がまだ学生の頃はカーナビに入力しても場所が表示されないくらい(笑)、知る人ぞ知る観光名所でした。でも、その美しさで人気に火が着き、ここ数年で駐車場が拡大されたり、売店ができたりなど北海道の一大観光地として有名になりました。

 

というわけで、私も先月再び青い池に行ってまいりました!2019年6月時点の最新情報を交えつつ、レポートしたいと思います。

 

 

白金青い池とは?

f:id:momotaan:20190712225014j:image

北海道上川郡美瑛町白金にある青い池。写真(2019年6月撮影)の通り水面が青く見え、とっても神秘的です。写真を撮った日は、前日に大雨が降ってしまったため少し濁り気味でしたが、それでもこの美しさでした。

 

札幌の中心地からは車で片道2時間半程度なので、日帰りで行くことも可能です!青い池の入り口には分かりやすく看板もたくさん出ているので、迷わず到着できると思います。また、大きな無料駐車場が利用できます。 

2019年6月1日より、ここでしか買えないグッズが販売されている売店と、24時間利用できるお手洗いが新たにオープンしました!これまではお手洗いは3キロ離れた道の駅で済ませなければいけませんでしたが、お子様連れでもゆっくり安心して青い池を楽しめるようになりましたよ!

 

そもそもなぜ青く見えるの?

f:id:momotaan:20190712224315j:image

こちらの写真は2018年9月ごろ、友人と訪れた際に撮影しました。すすきがいい味出していますね。いつ行っても美しい青い池ですが、なぜこんなに青いのか皆さんご存知ですか?

 

この青い池から上流に3.5キロほど離れた場所に、「白ひげの滝」があります。この白ひげの滝は、雨水や雪解け水が流出したものです。この水に含まれるアルミニウムが、美瑛川に流れ込み、コロイドという成分が作られます。そのコロイドが、太陽光が当たることで波長の短い青い光が生成され、池全体が青く見えるのです。

 

絶妙な成分と光の反応で、こんなに美しい青になるんですね~!

 

こちらの写真の左端に写っているのが、その美瑛川です。空が曇っているので少し分かりづらいのですが、美瑛川も青い色をしています。
f:id:momotaan:20190712224318j:image

 池の手前にはこんなかんじで比較的高めの柵が建てられていて、のんびり美しい景色を眺めたりマイナスイオンでパワーチャージすることができます(※池が見える位置にベンチはありません)。

 

白金青い池の魅力

f:id:momotaan:20190712224341j:image

 森に囲まれた池なので、周りの緑と合わせて、毎回、自然の香りや空気からパワーを貰うことができるなと思っています。池の周りは散策のできる道になっていて、歩いて5分ほどで全体を歩けてしまうのですが、ゆっくり自然の神秘を感じながら歩くととても癒やされます☆

 

青い池はとても鮮やかで明るい色をしているので、特に晴れた日は池を背景に写真を撮る際、逆光で顔が暗く写ってしまうことがあります。個人的には逆光補正のできるカメラを持っていくことをおすすめします!

 

気になる売店は?

f:id:momotaan:20190712225224j:image

今回、まだオープンしたばかりの売店にももちろん行ってきましたよ~!なかなかの盛況ぶりでした!青い池にちなんで、青いソフトクリームやプリンなどたくさんの青い池グッズが販売されています。ここでしか手に入らないピンズやお菓子なども!


f:id:momotaan:20190712215141j:image

 入り口にたっている青色のソフトクリームが可愛くて思わず写真を撮ってしまいました(笑)。私たちは買いませんでしたが、ラムネの爽やかな味だそうです。青ギツネがプリントされた可愛らしいクッキーもソフトクリームの上にちょこんと乗っています。美瑛牛乳とのミックスバージョンもあり、いずれも500円です。

 

私が今回購入したのはこちら!青い池プリン(360円)と、青いお茶(ごめんなさいお値段忘れました泣)です!
f:id:momotaan:20190712215135j:image

目のさめるような鮮やかな青で、暑い夏でも見ているだけで涼しくなれそうですよね。青いプリンは上がラムネ味のゼリーで、下は美瑛牛乳のミルクプリンになっています。ツルンとサッパリしたゼリーと、まろやかなプリンを一遍に味わうことができ、欲張りな私満足の一品でした!

 

個人的にとっても気に入ったのは左側の青いハーブティーです!爽やかないい香りがするのですが、ほんのりミントのような味がして、夏にはもってこいだなと思いました。売店でこのハーブティーのティーバックが販売されています!結構お土産で買われている方が多くいらっしゃいました。

 

さいごに

f:id:momotaan:20190712224812j:image

 いかがでしたでしょうか。ちなみに、今回たまたま乗っていたレンタカーも綺麗な青い色でしたので思わず写真におさめたくなりました。青い車と青い服の旦那ちゃんと、青いお茶です(笑)。

 

美瑛には青い池だけではなく、パッチワークの丘など美しい景色が堪能できるスポットがたくさんあります。ラベンダーで有名な富良野までも30分ほどで行くことが可能です!ぜひ合わせて訪れてみてください。

 

ももたんmemo

~白金青い池はこんな方へおすすめ!~

  • 神秘的な自然の中でパワーチャージしたい方
  • ここでしか手に入らない限定グッズが気になる方
  • 一つの名所だけでなく、いくつかのスポットをまとめて巡りたい方

 

 本日もお付き合いいただき、ありがとうございました! 

 

www.smilemomotan.com

 

 

【ひまわりの里 北竜町】夏の北海道旅行は、日本最大級のひまわり畑で笑顔満開

 むしむしと暑い日が続いていますね。夏といえばひまわり!そんなひまわりの作付面積が日本で最大規模を誇る町、北竜町をご存知ですか?

 

夏に北海道旅行を計画されている方、ひまわりが好きな方、開放的な自然を満喫したい方、とにかく夏を感じたい方、そんな全ての方におすすめ!今回ご紹介するのは北竜町の「ひまわりの里」です!

f:id:momotaan:20190621212702j:image

 

 

そもそも「ひまわりの里」って?

北海道雨竜郡北竜町という、北海道の中央あたりに位置する町にひまわりの里はあります。1979年に農協の職員が、外国の広大なひまわり畑に圧倒されて作ったのがきっかけです。広さは約23ヘクタール(東京ドーム約5個分)、200万本ものひまわりが咲き誇っているのです。

札幌から車で1時間半程度。旭川も比較的近いため、旭山動物園などと合わせて訪れてもいいでしょう。

 

見頃はいつ?

ひまわりの見頃の時期に合わせて、毎年「ひまわりまつり」が開かれます。その時期に合わせて訪れるのがおすすめです!

2019年は7月20日(土)~8月20日(火)まで開催予定!

 また、その年の気候によってお祭り期間中でもひまわりの咲き具合が異なるので、公式サイトで開花状況をチェックしてから行きましょう!

f:id:momotaan:20190621212731j:image

 

ちなみに雨が降っていたり、曇っていたりするとひまわりはこんなかんじに。くた~となってしまっているひまわりは見ているこちらも辛かったです。。(泣)

f:id:momotaan:20190701223644j:image

「向日葵(ひまわり)」と漢字でも書くだけあって、太陽が出ているときのほうが断然綺麗です!天気も開花状況と合わせて確認しましょう!

 

ひまわりの里の楽しみ方

ひまわりの里には、家族や友達、恋人、誰と行っても楽しめる仕掛けがたくさんあります!その仕掛けのせいか何回行っても飽きることなく、学生時代と社会人合わせて5回も遊びに行っちゃいました(笑)!

そんな私なりのひまわりの里の楽しみ方をご紹介します! 

 

とにかく写真スポットが目白押し!

f:id:momotaan:20190621212720j:image

看板やパネルなど、友達や家族で楽しみながらひまわりと写真がとれるスポットがたくさん用意してあります!咲き誇るひまわり畑に囲まれて、ついついいろんなポーズや表情を決めたくなっちゃいます!(笑)

いい顔してる写真がたくさんとれて本当に楽しい!!!

f:id:momotaan:20190621212717j:image

 

ひまわり畑を背景にインスタ映え写真も撮れちゃいます!個人的にはセルカ棒があった方が写真の背景にたくさんのひまわりを入れることができるのでおすすめです!
f:id:momotaan:20190701223926j:image

 

ひまわり迷路

写真がないのが悔やまれるのですが、ひまわりで作られた巨大迷路があります!右も左も前も後ろもひまわりに囲まれて、とっても贅沢な迷路です。

わりと背の高いひまわりに囲まれた部分もあるので、小さなお子様と遊ばれる際には少し気を配った方がいいかもしれません。

大人になって迷路なんて、なかなか楽しむ機会がないと思います。でも、それがひまわりで出来ていたら。ついつい子ども心にかえって楽しくはしゃぎたくなっちゃいます。 

 

世界のいろんなひまわり大集合!

f:id:momotaan:20190701223711j:image

ひまわりの里の一角には、「これもひまわりなんだ?!」とびっくりするような形や色のひまわりもたくさん集まっていました!

 

こんな大きいボタンのようなひまわりも!

f:id:momotaan:20190701223730j:image

ここでしか見ることのできないひまわりや、お気に入りのひまわりにもきっと出会えると思います。本当にたくさん種類があるので、訪れた際にはぜひ一度じっくり見てもらいたいコーナーです!

 

よく見ると町中がひまわり!

f:id:momotaan:20190621212724j:image

里の外なので、番外編ではありますが、北竜町をドライブしていると町のいたるところでひまわりを見かけます。

町の風景に散りばめられたひまわりを探してみるのも、一つの楽しみですよ。

見つけると気分も上がって、友達ととっても盛り上がります!夏にぴったりのお気に入りの音楽でも聞きながらドライブを楽しむのもいいですよね。 

 

 まとめ

いくつになっても、お花をみると気持ちがぱっと明るくなるのはなんででしょう。夏の暑さの中で、力強く咲くひまわりから、元気をもらえること間違いなしです!!

 

ちなみにこのひまわりの里にはひまわりの種や苗などお土産が買えるショップも付いているのでお買い物まで楽しめます。

 

ももたんmemo

~ひまわりの里はこんな方へおすすめ!~

  • 札幌から日帰りで広大な北海道を満喫したい方
  • とにかくひまわりが好きな方
  • 家族と、友達と、思い出に残る写真を撮りたい方

 

ぜひこの夏に一度いかがでしょうか。

【週末ふらっと函館へ】美味しい・楽しい・おしゃれスポットを巡ろう!

皆さま、函館には行ったことがありますか?

住みたい街ランキングで度々1位を獲得している函館市。私は転勤で函館に2年ほど住んでいました。一人でも散策したり、友達が遊びに来て一緒に観光したり、期間限定で住んだからこそ、函館という街をアクティブに楽しみつくすことができました!

というわけで今回は、特に女性が気分が上がるような函館のおすすめスポットをご紹介したいと思います!

 

 

函館観光の仕方は?

まず函館市へのアクセスについてお伝えします(東京からの場合)。

①飛行機

個人的には飛行機がおすすめです。羽田空港から函館空港までフライト時間は1時間程度です。結構あっという間に着きます。大手航空会社しか就航していませんが、早めに予約すれば料金を抑えることが出来ます。

②新幹線

東京駅から4時間程度です。 それなりに時間はかかりますが、北海道新幹線は2016年3月に開通した比較的新しい新幹線です。片道料金は22,690円で場合によっては飛行機の方が安いかもしれません。新しいモノが好き、電車が好きという方にはおすすめです。

 

到着したら・・・

函館市内は観光スポットには市電(路面電車)が走っているため、正直公共交通機関だけでも観光は可能です(空港からも函館市街へシャトルバスが出ています)。ですが、できる限り効率よく、函館の近郊まで見てまわりたい!という方にはレンタカーを借りるのがおすすめです。

 

スケジュール目安は?

函館市内人気の観光名所は1日あればある程度まわることができます。

ですので最短1泊2日でもOK!つまり土日にふらっと行けちゃうってことですね!2泊3日あれば、近郊の大沼公園や、マグロが有名な大間まで足を延ばすこともできるでしょう。

 

おすすめスポット

 ではお待たせしました!私のおすすめスポットをご紹介します!

美味しいスポット

①海鮮

函館駅の直ぐ側に、新鮮なカニやイカがいただける朝市があります!中でもおすすめは水槽から、イカ釣りを楽しめるお店(函館朝市えきに市場 活いか釣り堀)です。釣ったイカはその場で捌いてもらえるので、活きのいいイカをいただくことができるのです!イカが水槽からなくなり次第終了なので、開店の朝6時台に行ったほうが確実です!

また、地元民の御用達「函館自由市場(朝8時~)」もオススメ!より安く海鮮が手に入るかも?!

 

②スイーツ

ミルキッシモ

地元の濃厚な牛乳が使われたジェラートが楽しめます!味のバリエーションも多く、見た目もかわいいので悩んじゃいます。そんな方のために、最大3種類まで選べます!これは嬉しい~!

f:id:momotaan:20190625222519j:image

 

スナッフルス

函館に来たら必ず食べてほしい!ふわっととろけるチーズオムレットが有名なお店です。好きすぎて必ずお土産に買って帰る一品です!

一口サイズでコーヒーのお供に最適。スタンダードなチーズ味とチョコレート味が定番ですが、季節限定などの味も定期的に販売されているので訪れる時期によっては普段とは違うチーズオムレットに出会えるかもしれません。

 

どちらのお店も函館の有名な観光地「金森レンガ倉庫」の中に入っていてその場で食べることが出来ますので、ぜひ!

 

③ご当地メシ

ハンバーガー(ッキーピエロ)

函館のB級グルメといえばこれ!函館市内にのみチェーンとして展開されているバーガーショップです。甘辛ダレで人気ナンバーワンの「チャイニーズチキンバーガー」は絶品!

f:id:momotaan:20190625222610j:image

多少口周りは汚れるボリューム満点のバーガーですが、めちゃくちゃ美味しい!思いっきり頬張っちゃいましょう!

 ラッキーピエロについては後ほどまたご紹介します。

f:id:momotaan:20190625223855j:image

 

やきとり弁当(ハセガワストア)

函館をはじめ、道南エリアで焼き鳥といえば「豚肉」!ビタミンたっぷりの豚肉は美容を気にする女子の味方かもしれません!店内で焼いてくれるタレがたっぷりかかった焼き鳥がオン・ザ・ライス!フタを使って挟むようにして串を抜き、いただくのがツウ!

ちなみに、ラッキーピエロもハセガワストアもご紹介した金森レンガ倉庫から徒歩で行ける距離です!食べ歩きしちゃいましょう☆

 

ソーセージ(ルレイモン)

 地元民に愛される函館ソーセージの老舗、カール・レイモン。ドイツ人のマイスターがドイツでソーセージの製法を学び、函館でお店を開いたことが始まり。元町エリアに店舗があり、店内で焼きたてのソーセージをいただくことができます。これは一度食べていただきたいです!

f:id:momotaan:20190625222635j:image

 

ラーメン(海老麺総本家 地元屋)

地元でじわじわと人気を集める、海老出汁が魅力のラーメン店!本当に美味しいです!仕事のお昼休みなど時間を見つけては食べに行っていました。比較的新しいお店なので店内はとても綺麗!店員さんも美男美女が多い気が(笑)。そんな雰囲気もあってか、女性一人でも入りやすいです。

 

楽しいスポット

函館山

函館の観光スポットで最も有名なのは函館山の夜景でしょう。100万ドルの夜景といわれ、日本三大夜景のうちの一つです。海に挟まれているため、形が特徴的!もう何回も見たはずなのに、何回でも見たくなるのです(笑)。ロープウェイで登っていくのが一般的ですが、夏の期間は車で登ることができます。

みんなでワクワクしながら、少しずつ車で登っていく方が個人的には楽しさ2倍!

f:id:momotaan:20190625222705j:image

 

公会堂

函館が開港し洋風文化を取り入れた明治時代の建物で、国の重要文化財に指定されています。こちらの建物で、ドレスを着て写真を撮ることができるんです(男性の方はタキシードを着ることが出来ます)!メイクとヘアセットも簡単にやってもらえます。

f:id:momotaan:20190625222718j:image

文明開化の音を感じながら、なんだかちょっぴりお嬢様気分を味わえます!笑

 

ラッキーピエロ

 上述の通り、市内にチェーン展開しているのですが、中でも峠下総本店が一番おすすめ!食べて美味しいだけではなく、いるだけで楽しい工夫が盛りだくさんの店舗です!ラッキーピエロのお店は、各店舗装飾が違っていてどれも可愛いのですが、中でもこの店舗は最も飾り付けが派手!店内に謎の鹿のオブジェ笑

f:id:momotaan:20190625223829j:image

 

夜もテーマパークのように光っています!!騙されたと思ってお昼でも夜でもぜひ一度訪れていただきたいです。インスタ映え間違いなし!

 

大門横丁 

夜の乾杯はここで決まり!気さくな函館のお母さん、お父さんが営む居酒屋がたくさん集まっています!新鮮なイカを中心とした海鮮にお酒が進みます(笑)。函館駅から歩いて行ける距離ですし、周りにホテルも多いため近くに宿泊すればたくさん飲めちゃいます!

f:id:momotaan:20190625224151j:image

 

五稜郭方面(路面電車で「五稜郭公園前」下車)にも居酒屋があります。地元の方はこちらで飲むことも多いですが、函館ならではの料理や雰囲気が味わえるので観光で行くなら大門横丁が個人的にはおすすめです。

 

おしゃれスポット

元町の景色/カフェ

函館の歴史を感じることのできる建物がひしめくエリア、元町。このあたりは坂が多く、坂の上から見る景色がとても美しいのです。夜は周りの気がライトアップされ、とっても幻想的に。デートで来るのもいいかもしれません。

f:id:momotaan:20190625223923j:image

 

また、このエリアは古い建物のレトロな雰囲気を活かしたおしゃれなカフェが多いのも魅力の一つ。地元の女子に人気なのは「ロマンティコ・ロマンティカ(略してロマロマ)」!雲が浮いていたり、ツリーが飾ってあったり、とっても可愛らしい店内。キッシュやケーキなど、フードもとっても美味しいです!

元町エリアは市電を「末広町」で下車して、とにかく散策するのがおすすめ!

石畳みの中に、ハートの石まで隠れているので是非探してみてください!

f:id:momotaan:20190625224022j:image

元町エリアはこのあたり!

 

蔦屋書店 

これまでご紹介してきたスポットとはちょっと離れた場所にあるので、レンタカーで観光する方におすすめです。地元の若者に人気のスポット!「え、蔦屋書店って東京や大阪にもあるじゃん!」と思った方。

 

そうです、東京にもあるあの蔦屋書店です。でも蔦屋書店ってめちゃくちゃ人が多いイメージありませんか?函館の蔦屋書店は程よく静かで落ち着いて本の世界に浸ることができるのです。洗練されたおしゃれな空間で本当に居心地がよく、住んでいた時はほぼ毎週末ここに行っていました(笑)。

f:id:momotaan:20190625224132j:image

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。歴史がお好きであれば新選組ゆかりの地、五稜郭公園もおすすめです。今回ご紹介したスポットは、蔦屋書店を除いて全て市電(路面電車)で散策できちゃいます!

函館は女の子が好きなものがギュッと凝縮された街!

 東京からのアクセスも空と陸の2パターンあり、週末ふらっと行けちゃう函館。美味しくて・楽しくて・おしゃれなスポットにきっとあなたも癒やされるはず。ぜひ一度。

 

ももたんmemo

~函館旅行はこんな方へおすすめ!~

  • 美味しさ、楽しさ、おしゃれのすべてが叶う旅がしたい方
  • 仕事のリフレッシュに!土日でさくっと非日常感を味わいたい方
  • 車を使わずに観光を楽しみたい方

 

【新千歳空港から15分で大自然】ニドムリゾートで楽しむ北海道の夏!

こんにちは!

これから夏本番で最高の観光シーズンを迎える北海道!

そんな北海道でおすすめのリゾート地についてレポートさせていただきます!

 

本日ご紹介するのはニドムリゾート(ホテル ニドム)です!

 

実はこの宿が大好きで女友達と、そして旦那ちゃんと2回もお世話になりました!というわけでこちらのお宿の魅力を女性目線でお伝えしたいと思います!

f:id:momotaan:20190622114946j:image

 

 

そもそもニドムリゾート(ホテル ニドム)とは?

f:id:momotaan:20190622115005j:image

北海道苫小牧市にあるリゾート地です。1986年にリゾート地として開拓され、1988年に「ニドムクラシックコース」という雄大で美しいゴルフ場がオープン。その後1990年よりホテルニドムの運営がスタートし、宿泊が可能となりました。

 

そんな歴史のあるこの場所は、ゴルフ場で有名ですので、ゴルフをされる方にはよく知られています。でもそうでない方は意外と知られておらず、人で賑わいすぎず、静かに北海道の自然を楽しめるのが一つの魅力でもあるのです。

 

北海道の玄関口、新千歳空港からシャトルバスで15分程度とアクセスも抜群なのです!

 

魅力1:木のぬくもり溢れる大きなコテージ

f:id:momotaan:20190622114931j:image

2階建てのコテージ(外観は写真1枚目)は、1階が寝室になっているタイプと2階が寝室の2種類に分かれています。1つのコテージに最大4名まで宿泊が可能で、ベッド2台ずつでお部屋が別れています。(ドアもちゃんと閉められます)

f:id:momotaan:20190622130914j:image

ベッドカバーもグリーンが基調とされていて落ち着きます。

 

寝室のあるフロアにお風呂とお手洗いがしっかりついています。
f:id:momotaan:20190622114952j:image

 

各コテージには螺旋階段が!これで2階へと登っていきます。
f:id:momotaan:20190622115009j:image

 

2階は広いリビングルームになっています!4人がけテーブルタイプのこちらと、、、(※テーブルの上にはホテルからのウェルカムメッセージとパウンドケーキが!)
f:id:momotaan:20190622114927j:image

 

反対側にはソファタイプの団らんスペース。写真では見切れてしまっていますが、左側にテレビも付いています。こちらの写真右側の扉を開けると外に出ることが出来ます。
f:id:momotaan:20190622114938j:image

 

外に出るとこんな感じ。開放的な空間で鮮やかな緑を眺めながらおしゃべりしたりお酒を楽しむことができます!お部屋の中は暖房器具がしっかり常備されていますが、何も付けていなくても今時期(6月)は十分暖かかったです。外のデッキはとても涼しくてこれからのシーズンにとってもおすすめのポイントです!

f:id:momotaan:20190622114949j:image

写真を取り忘れましたが、冷蔵庫もちゃんと完備!冷蔵庫内のアルコールを飲んだり、ルームサービスを受けることが出来ます(ただ、それなりのお値段なので空港のコンビニで事前におつまみや飲み物は買っていくことをおすすめします)。

 

2階にも広~いお手洗いが付いています!お手洗い、洗面スペースが多いのは女子にとっては嬉しいですよね!
f:id:momotaan:20190622114912j:image

ちなみにアメニティも充実。シャンプー、リンス、ボディソープ、ドライヤーや歯ブラシなどは持っていかなくて大丈夫!(洗顔、メイク落としは持っていきましょう!)

また、薄手のパジャマとガウンは常備されていますが、北海道の朝晩はかなり冷えますので自前の温かいパジャマかパーカーを持っていくことをおすすめします。(笑)


f:id:momotaan:20190622114956j:image

 

魅力2:一歩外に出れば森林浴が楽しめる!

f:id:momotaan:20190622114917j:image

 コテージの外に出ると、そこは森の中(空港から15分で森に囲まれるところがなんとも北海道っぽいですよね)!私が宿泊した日はあいにくの曇り時々雨でしたが、それでもこんなに美しい緑!また、雨が降っても木々が雨を遮ってくれるので小雨くらいであれば散策も傘いらずで楽しめました。自転車も借りることが出来ます。

 

広大な敷地内を流れるトムトム湖。水面に写った緑がこれまた綺麗です。
f:id:momotaan:20190622114935j:image

 

曇りでも水の底が見えるほど透き通っていました。名前は分かりませんがお魚が泳いでいまいした。また、写真を取り逃しましたが散策中にリスに出会うことが出来ました!スタッフさんに聞いたところ、リスはかなり頻繁に見かけることができるとのこと。運が良ければシカにも会えるそうです。
f:id:momotaan:20190622131651j:image

 

魅力3:宿泊プラン内で楽しめる朝食と温泉

f:id:momotaan:20190622114920j:image

宿泊プランの中に朝食が含まれています。朝食は和食と洋食の2種類から選ぶことが出来ます。どちらも食べた私のおすすめは和食!より北海道産の素材を楽しめるからです!

北海道産米のゆめぴりか、いくらや鮭のお刺身、高級魚キンキを焼いたもの。どれも絶品です。

 

洋食の場合は、クロワッサンなどのパン、オムレツか目玉焼き(選べます)、濃厚なヨーグルトなどがいただけます!こちらも文句なしの美味しさです!

 

また、プラン内の料金で受付施設の地下にある温泉に入ることもできます。洗い場が4つの小さめの浴場ですが、大きなお風呂でのんびり1日の疲れを癒やすことができるのは嬉しいですよね。

 

まとめ 

 今回は私は利用していませんが、敷地内にはテニスコートや温水プールもあって、森林浴以外にも楽しみ方がたくさん!夕食もフレンチのコースか、敷地内の「きんきん亭」という炉端焼きのお店でいただくことができます。レンタカーで行く場合は、空港に戻って食べてもいいかもしれません。

 

また、敷地内や近くにコンビニがないので必要なアイテムは事前に空港のコンビニ等で買っておくことをおすすめします!

 

空港からアクセス抜群の静かな森の中で、最高の夏の思い出を作れること間違いなしです!

 

ももたんmemo

~ニドムリゾートはこんな方へおすすめ!~

  • 北海道の自然の中で森林浴を楽しみたい方
  • ゴルフ、テニス、プールなどアクティビティも楽しみたい方
  • 静かなコテージでのんびりとした時を過ごしたい方

 

✔ニドムリゾート(ホテル ニドム)

0144-55-8000(一泊大人一人15,000円/1コテージ4名宿泊の場合 ※時期、利用人数によって宿泊料金が変動しますので事前の確認をおすすめします)

 

 本日もお読み頂き、ありがとうございました!よい週末を!